カンジタは放置せずに病院へ

MENU

カンジタは放置せずに病院へ

 

健康な女性でも持っているのがカンジダと呼ばれる真菌(カビ)です。カンジダは、普段症状がなくてもストレスや疲れが溜まり、抵抗力が落ちてくると発症する誰もがかかる可能性のあるポピュラーな病気です。女性の膣や外陰部に感染、症状を起こす感染症で性交渉経験が一度もない方でも発症することがあります。女性ほど多くはありませんが男性にも感染することがあり、尿道に感染して尿道炎を引き起こします。
カンジタが発生する原因にはいくつかありますが、体調不良や過労、ストレス、抗生物質の服用 、生理の前後のホルモンの乱れ、糖尿病などが主な原因になります。性感染症と誤解されることが多いのですが、性交渉で感染する可能性は高くないので性感染症という認識は誤りになります。
一旦カンジダになると自然治癒することがないので、症状がでたらできるだけ早く病院にいくことが大切です。病院へ行くのが恥ずかしからと言って放置しておくと症状そのものが悪化し、かゆみや痛みが強くなるほか、性交渉時の痛みや尿道に炎症が生じることで排尿障害などの症状が見られるようになります。
カンジダは慢性化しやすい病気ですので、放置しないで女性では産婦人科、男性では泌尿器科に行って検査を受けて下さい。病院では菌を抑える薬の投与と外陰の炎症を抑える塗り薬が処方され、2、3日で症状が緩和され2週間くらいで完治します。治った後も再発しやすいのでアフターケアも大切です。